アフターコロナ

【アフターコロナ】ポケットwifiで外出先でも安全にリモートワークしよう

新型コロナウイルスがなかなか収束しないから外出もできない・・・、だけどずっと家にこもってるのってかなりしんどい・・・。

できればコロナ以前みたいに外に出かけて仕事をしたいし、家っていう密閉された空間から解放されてもっと毎日を楽しみたい。

 

あなたはこんな悩みを持ってはいませんか?

 

結論から言うと、アフターコロナに向けてポケットwifiの購入を検討してみるのがおすすめです。

 

なぜならポケットwifiがあると、どこでもインターネットに接続できて、どこにいてもリモートワークや動画配信ができるからです。

 

このどこでもっていうところがポイントで、これで山や川、海やキャンプ場であってもどこでもインターネットに接続できるから、ずっと家にこもっていなくても仕事ができるようになるんです。

 

あなたは、緊急事態宣言や蔓延防止措置でずっと家に閉じこもってはいませんか?

 

今では家でリモートワークをする人も増えてきているでしょう。

 

だけど、ずっと家に閉じこもっているのって、かなり苦痛ですよね。

 

毎日を家に閉じこもって密閉された空間で過ごす。

 

ずっと家の中にいるのしんどいな・・・。ちょっと出かけたいな。でもコロナの感染もあるし、なかなか出かけれないし、ましてや仕事となるとインターネット環境がある家じゃないとできないよね・・・。

 

あなただけでなく、こんなふうに思って毎日を過ごしている人はかなり多いでしょう。

 

だけど、もし外出できるとしたら?

 

そして、外出先であっても感染の心配なく安全に仕事ができるとしたら?

外出先でも、家にいるときと同じように安全に動画を見たりゲームをしたりすることができるとしたら?

 

この安全に仕事やエンタメを楽しむことができる場所、これが山や川といった周りに人がいない場所なんですよね。

 

毎日を密閉された空間にこもって過ごす、こんなストレスから解放される。

 

それを可能にするのが、ポケットwifi。

 

今回は、そんなポケットwifiの魅力を紹介していこうと思います。

 

 

ポケットwifiの魅力①緊急事態宣言下でも外出して仕事することができる

ポケットwifiがあれば、緊急事態宣言下であっても、外出して、なおかつ安全に仕事をすることができます。

 

今までは「ちょっと出かけてブログ書こう、読書しよう、勉強しよう」って思って、カフェやファミレスに行っていませんでしたか?

 

長い時間をかけてカフェや図書館にこもってブログを書いたり動画編集をしたり・・・

 

こういうのありましたよね。

 

今は新型コロナウイルスが流行っていて、おいそれと外出することもできなくなってしまいました。

 

だけど山や川、海だとしたらどうでしょうか?

 

山や川、海だったら周りに人がいないので、仕事をすることができます。

 

しかも、ブログを書いたり動画編集をするだけじゃなくて、山や川だったら周りに誰もいないので、リモート会議でいろいろ話したりすることもできるんです。

 

これは、今までのカフェや図書館ではできない利点ですよね。

 

そう、これが緊急事態宣言下であっても安全に外出して仕事ができるっていうことなんです。

 

だけど山や川、海にはwifi環境がない、インターネットに接続できない、だから家で仕事をするしかない・・・。

 

そこでポケットwifiの登場です。

 

ポケットwifiがあれば、そんな問題からも開放されます。

 

山や川、キャンプ場であっても問題なくインターネットに接続して、自由に自然の光や風、木や草の音、鳥たちの声を全身に浴びながら作業ができるんですね。

 

そう、ポケットwifiを使うことで、こういった新しい生活様式に対応した仕事をストレスなくすることができるようになります。

 

 

ポケットwifiの魅力②外出先でも安全に映画やアニメを楽しむことができる

ポケットwifiの魅力は外出先での仕事だけでなく、YouTubeなどの動画が見放題、さらには自分が動画配信や編集、ライブ配信だってできます。

 

山や川、キャンプ場でのんびり動画を見たり、キャンプの様子を動画に撮ったり、ライブでも配信したり。

 

動画もYouTube動画だけでなく、NetflixやAmazonプライムで長時間で多くの容量を使うアニメや英語を見たり。

 

こういうことができるんですね。

 

キャンプ場について仕事がひと段落ついたら、風の音や小鳥の声を聴きながら大自然に触れてウイスキーやビールを「くうぃ〜」って飲んでYouTube動画やアニメを見る。

 

ハイ、これ最高!

 

そして、アニメや英語を楽しむこと以前に、そもそもキャンプ自体がかなり楽しいです。

 

少し前から、お笑い芸人のバイきんぐの西村さんやヒロシさん、あと鬼龍院翔さんもキャンプの動画をYouTubeにアップしていましたね。

 

「ソロキャンプやってます」みたいな。

 

あなたも家にこもって自粛しているときに、見ていませんでしたか?

 

僕も鬼龍院翔さんのYouTube動画を見ていたんですけど、なんか楽しそうなんですよね。

 

山の中でテントを張って、一人で喋りながら火を起こして、いろんなものを焼いて食べるみたいな感じだったんですけど、これが本当においしそうに見えるんですね。

 

しかも、キャンプ場に来る前にいろんな食材を調達してきててね、ジュワーッてデカい肉とかを焼くわけですよ。

それを食べて「ウマイ!」って言って・・・。

 

バイきんく西村さんもアメトークのキャンプ芸人で、キャンプの魅力をとてもたくさん語ってましたよね。

 

あれ見て「人がいっぱいいるとこだと感染が怖けど、山や海でのキャンプだったら人いないし、安心・安全だよね。しかも、すっごく楽しそう」

 

僕もあの放送を見てこんなふうに思ったんですよね。

 

それで、さっそくタープテントを買っちゃったりしてね。

 

少し話が脱線しますが、最近のテントってワンタッチ式なんですよね。

 

ワンタッチなので、誰でもすぐにパッと広げて設置できるんですね。

 

バイキング西村さんは2〜3分あればテント張れますって言って、ホントにパパパってテント張っちゃてましたね。

 

だからキャンプ場について、パッとテント張って、パッとタープテント張って、簡易式のイスとテーブル置いたらもう作業環境完成。

 

僕もキャンプを何度かしたことがあるんですけど、あの何とも言えない洗練された空気・・・。

 

たまりませんね。

 

ここで、動画やゲームなどのエンタメを楽しむことができたら最高ですね。

 

 

ポケットwifiの魅力③アフターコロナでも外出先での仕事やエンタメは定番化する

ここまでは、緊急事態宣言下での仕事やエンタメについての話をしてきました。

 

だけど、コロナが収束したときはどうでしょうか?

 

コロナが収束したら、今まで通り会社に行って仕事をするでしょうか?

 

会議や研修をするときに現地に行くでしょうか?

 

答えはNO!

 

だって、会社に行かなくても仕事をすることができるようになったし、現地に行かなくても会議や研修ができるようになったんだから。

 

動画を見たり編集したり、ライブ配信したりする、これがなくなることがあるでしょうか?

 

おそらくなくなりませんよね。

 

つまり、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が解除されても、こうしたリモートワークやインターネットを接続しての動画やゲームなどのエンタメって、なくならないっていうことなんですね。

 

だからこそ、外出先でも安心・安全に仕事ができ、エンタメを楽しむことができる方法が重要になってきます。

 

 

まとめ

これまでの話をまとめるとこのようになります。

 

まとめ

ポケットwifiがあれば緊急事態宣言下であっても、安全に外出して仕事をすることができる

ポケットwifiがあれば外出先でも安全に映画やアニメを楽しむことができる

アフターコロナでも外出先での仕事やエンタメは定番化する

 

このようになります。

 

新型コロナウイルスがなかなか収束しないから外出もできない・・・、だけどずっと家にこもってるのってかなりしんどい・・・。

できればコロナ以前みたいに外に出かけて仕事をしたいし、家っていう密閉された空間から解放されてもっと毎日を楽しみたい。

 

あなたはこんな悩みを持ってはいませんか?

 

家にずっとこもっているのって、かなりストレスがたまるし、しんどいですよね。

 

このストレスから解放される上に、なおかつ安全な場所、これが山や川、キャンプ場なんですよね。

 

山や川、キャンプ場であったら外出した上で安全に仕事をしたりアニメや映画・ゲームといったエンタメを楽しむことができます。

 

だけど山や川、キャンプ場は安全だけどインターネット環境がないから、仕事ができないし動画を楽しむこともできない。

 

この悩みに応えるもの、これがポケットwifiです。

 

そして、この新しい生活様式はおそらくコロナが収束しても変わることはないでしょう。

 

あなたもポケットwifiを使って、安全にストレスなく仕事やエンタメを楽しんでみませんか?

 

-アフターコロナ

Copyright© ゆーぶろぐ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.